○ あたくしたちのプロフィール

ペス子

Author:ペス子
 ■名の由来→口唇ヘルペス持ちだから

 ・From 東京都 育ちは千葉県

 ・ずっとブームはチップとデール(狂愛)

 ・だいぶ大人になって
   ヒトリグラシを始める。

 ・少し淋しくなって、
   動物と暮らしたくなる。

 ・IT革命でラットと出会う。

 ・ナンダカンダご縁があり
   6ラットと楽しく暮らす。

 ・ナンダカンダご縁があり
   猫のお茶碗と出会う。

 ・ナンダカンダご縁があり
   猫のしゃもじと出会う。

 ・ラットは巣立ってしまわれました
   (ありがとう!)

 ■猫1→お茶碗♀
 
 ・From 栃木県(一般家庭育ち)

 ・06.08.03生まれ
 
 ・キジトラ雑種(アメショーかぶれ)

 ・タレ目で短足気味

 ・ビビリで神経質。ツンデレ傾向有。
   そんなお茶碗に飼い主夢中。 

 ■猫2→しゃもじ♂
 
 ・From 千葉県(野良育ち)

 ・07.03.14生まれ(推測憶測)
 
 ・チャトラ雑種(セミロン毛)

 ・ツリ目で手足大きい気味

 ・無頓着な割に人見知り。
   そんなしゃもじに飼い主熱中。 

 **************************

 現在は、くつした2猫と
 色気より食い気ライフの日々です。

 ゆるゆると更新中です。

○ 最近の記事達
○ コメントありがとうです。
○ トラックバ~ック!
○ 月別アァカイブ
○ カテゴリー(1ヶ所集中)
○ ゴヨウがあらば・・・GO!

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード



恐縮です!参加してます。

良かったら

クリックばお願いします。
にほんブログ村 猫ブログへ




--/--/--//-- * --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2007/03/11//Sun * 23:32
夢を捨てずに生きましょう

茶巾が逝ってしまい、もうラットにはしばらく
触れないだろう・・・と思っていたらお友達さんから
「子ラット見においでよ!」と言ってくださったので
凄くお久し振りなのにもカカワラズ、ヘラヘラと遊びに行きました♪
うふん♪
か、可愛い過ぎる!!

ハ・チ・ワ・レ♪

あはん♪

ボケちゃいましたが、可愛いさがオワカリ頂けますでしょう。

退色しにくいハスキーラットの、かのこたんでした。
将来は立派なお母ちゃんになるんだぜ?


でもねぇ、私は大きいラットが好きなんでしたっ!やっぱり!!
ラッヴ!
男の子ハスキーラットのジョーくん。

写真では、わかりにくいんですが童顔の男の子。
もう匂いは嗅ぎまくるわ、触りまくるは
私は手放しませんでしたね(笑)。
しかも、手は舐めてくれるしチューまでされちゃって
アタクシ、昇天でしたよ、本当に・・・。

どんつぁん
この子は、ドンちゃん。
ちなみに私も一部の方にこう呼ばれているので親しみ深い(笑)。

でも、少し怖い存在のドンちゃんには、見てるだけ。
少しひやかしたりしてましたが、大きくて可愛い♪
そおいう強気な所、私は嫌いじゃないぜっ!!

他にもスナネズミ、モルモット、パンダマウスを拝見。
小さい動物も、どっこい頑張ってて可愛いねぇ・・・。
でも、私はラットが一番スキです。

そうだ!生まれた時から大人ラット位の大きさベビーだったら
お茶碗とも一緒に暮らせるんぢゃ・・・

えっえ~!!
そんなデカいラットいないよ!無理無理~!!


夢を捨てちゃあ生きていけないでしょ。うんうん。







押してくれるとウレシイ→

コチラも押せたら・・・→



スポンサーサイト


2007/03/09//Fri * 06:55
今後のラット魂!

アタリマエなんですが、我が家にラットがいなくなってしまいました。
私がラットに興味を持って、HPやブログを見ながら色々と勉強しましたし
お友達もできました。
元々、ラット魂!の前に日記を公開していて、当時から一番最初に
ウチへ来てくれたブルボンなどは登場してました。
でも、のっぴきならない状況で日記を止めざるおえない出来事があり、
でも、インターネットの波に押され(笑)、ブログを始めたくなり
それなら今後、ラットに興味を持ってくださった方が
検索等でウチの子らを見てくれて、勉強になったら嬉しいなぁ・・・と
思って始めたブログがラット魂!でした。

結局、普段の日常などしか綴ってなかったので
全然、勉強にはならないブログだと思います。
あはは(笑うっきゃない)

元々動物は大好きなので、
お茶碗が家にやってきたのも、縁でした。
「茶巾なら(猫と)一緒に暮らせるだろう」
と言う、意味のない確信があったので、ヒョイヒョイと
お茶碗が家にやってきました。
茶巾は見事に猫と生活を共にしてくれました。
でも、今後先住に猫がいるのに、小さな子ラットをヒョイヒョイと
我が家に迎えるのは、いくらなんでも無責任な事はわかっています。
お茶碗が我が家に来た時点で
茶巾の後継ラットは家には来ないんだ・・・とは思っていました。

・・・ブログ名におもいっきしラットって入ってるけど良いんですかね?
・・・他のラットサイトさんらにリンクを貼って下さってる方とか
   どうしましょう・・・
こんな事を漠然と考えてしまいました。
リンク等に関しましては、基本的にフリーばりばりなので
外されても、そのままリンクされていても構わないです。
もちろん、はずされても構わないです。
アナタの色に染まります、状態です。

ブログ名に関しても、我が家にラットがいなくても
別にEぢゃん!好きなんだし!気にしないでいこうぜ!オー!
的、私のプラス思考な部分が打ち勝ったみたいなので、
このまま続けていくと思います。

ラット魂!は別名、茶碗魂!
とか、少し変更させようかなぁ・・・(今、思いついたダケです/笑)

DSC02087.jpg
ラットケージの定位置だった場所もガランとして
妙に部屋が広くなってしまいました。
(自分のコレクションが久々に丸見えになりました)

DSC02092.jpg
あ、チミがいるこたぁ、わかっておりますよ(笑)。

DSC02093.jpg
ちょっと、ちょっと、ベッタベタ触らないでくださる?
マニアを怒らすと怖いわよ・・・。

ラットと暮らしてなかったら、今でもヒトリで暮らしてたと思います。
お茶碗もココには来てなかったと思います。
ラットと一緒に暮らして
お友達も出来て親切にしてもらいました。
ウチの子の為に、さつまいもフレークを送ってもらったり
試供品でもらった紙砂をもらったり
カレンダーをもらったり。その他色々・・・本当にありがとうございます。
ラット魂!に遊びに来てくださっていた方々で
アドバイスをコッソリくれたり、
暖かく見守ってくださった方々もいらっしゃいました。
私とチーム6ラットは本当にシアワセ者です。
この場を借りて、こんな時だからこそ、お礼を言わせて下さい。
ありがとうございました。

今後、私がブルジョワになり
家なども広くなって、ラット部屋などが設置できるようになって
ご縁があれば、また一緒に暮らしたいなぁ・・・と思っています。

ラットが好きな方、一緒に暮らしてる方とラット達が
Happyでありますように心から願ってます。
(腹黒な私がいつになく謙虚に思っています)

私も縁があって、お茶碗と一緒に暮らせたので
仲良く面倒をみつつ、みられていこうと思っています。

お茶碗も挨拶しなよ!

四露!
スイマセン・・・







押してくれるとウレシイ→

コチラも押せたら・・・→




2007/03/07//Wed * 06:16
6番目のラット

茶巾が逝きました。
いやはや、ナンとも壮絶な子でした。
最初、共同生活を始めたものの、性格が荒いために
周りの子と衝突、遂にはケガまで負わせてしまったので
隔離して生活する事になった茶巾。
この頃、荒れている茶巾に対して私も冷たかったと思います。
きっと、茶巾は淋しかっただけなんだと思います。
茶巾と一緒に暮らしていて、悔いが残るのは、その時期です。

周りの人の助けと、年を重ねて丸くなった事で
茶巾は、甘ったれラットに変わっていきました。
もしかしたら、一緒に暮らせないまでいかなくても
他のラットと一緒に遊べる事ができるかもしれない・・・
そう思った時には同時期に来たラット達は
私と茶巾の前から逝ってしまっていました。

残ったのは私と茶巾だけになってしまいました。
この頃、茶巾の甘ったれは絶頂期でした。
「お前を独占ぢゃ!」状態だったんだと思います。
私も浮かれている茶巾を見て楽しかったです。

しばらくして、猫のお茶碗がやってきました。
友達の実家で産まれた、お茶碗。
茶巾は、お茶碗と言う存在を本能で感じて
少しの間はヒネくれて暮らしていましたが
スグに順応し、お茶碗をからかう様になりました。
茶巾に威嚇され、驚いてひっくり返っているお茶碗を何度も見た気がします。
あんなにチビっこいのに、図太い所がラットの凄い所だと思います。

2歳を過ぎてもハードペレットをガリガリ食べていた元気な
茶巾の衰えはスグにやってきました。
もうちょっと段階を踏んでも良いんじゃない?と思うほど、
違うラットになってしまったんじゃないか?と思うほど、
いきなり衰えてしまいました。

ご飯も食べず、荒い呼吸をし、目まで血が滲んで見えなくなってしまいました。
私は見えない目の血をぬぐってあげて
少しでも食べれる物を見繕って差し出すしかできませんでした。
6ラットが私の近くにいてくれましたが
晩年の苦しみようは、茶巾が一番だったと思います。
見ているのが辛くて楽に逝かしてあげるには
ナニをしてあげたらいいんだろう?と考えてしまいました。
5ラットの別れを経験してきた者としては茶巾の衰えは
スグに死の別れに直結する物でした。
もうダメだろう、明日ダメだろう。明後日ダメだろう。
そんな中で茶巾は1週間以上も頑張り、キャベツをほおばり
青菜を食べ、いよかんを抱えて暮らしました。

最期の2日間は、息をしているだけに見えました。
でも、寝床の前にブロッコリーや、いよかんなどを置いておくと
場所を移動させていたり、少しかじった形跡はありました。
食いしん坊だった茶巾は、もっと食べたかったんだと思います。
食べたくても食べれなかったんだと思います。

茶巾くんの里親さんに連絡をしました。
奴は可愛い子だったのでお礼を言っておきたかったのです。
里親さんの家には、まだ茶巾兄弟が3ラットいるそうです。
DSC02016.jpg
茶巾!天国から兄弟を見守るのよ!

冷たくなった茶巾は、もう茶巾ではありません。
茶巾と別れると言う事は、しばらくラットとの生活ともお別れです。
そう思うと、もっと一緒にいて欲しかったけれども
苦しんでいた茶巾を見ていたら、やっと楽になれたのかな・・・とも
思ってしまいます。
DSC02014.jpg


茶巾くん、アンタがいなくなっちゃったら
もうブロッコリーやインゲンを塩無しで茹でなくても
よくなっちゃうんだね。
「コレはアクの強い野菜だからアイツらが食べれないから」
なんて思わなくてよくなっちゃうんだね。

やっと楽になれたね。
って言ってあげたいけど、やっぱり淋しいもんだね。

茶巾くんは、他のラットと仲良くなかったけど
きっと天国で仲良くなれるよ。
オレは猫と暮らしたんだぜ?って自慢してやりなよ。

また何処かでね。
もし人間になったら人は傷つけたらダメだよ。
ありがとう。



2007/03/04//Sun * 13:54
4~5日前の茶巾

もうダメかな、もうダメだろう・・・と
思って、1週間。
少しの水と少しの野菜で、茶巾くんは頑張っている。

DSC02064.jpg
2歳4ヶ月を迎えてくれた。
茶巾くんは、ほとんど目も見えてないので
キャベツをガサガサさせて、気付いてもらおうと思い
寝ている前でガサガサしようと思ったら
オモムロにキャベツに興味を示してくれた。

そのままキャベツに馬乗りになって食べ始めたので
小さくチギってあげる事もなく、キャベツをあげる事にした。

茶巾が弱っているからか、あまり動いてないから興味を示さないからか、
わからないけどお茶碗も茶巾を見守る様になった。
茶巾くんも以前の様に、威嚇っぽくして
お茶碗を驚かせる事はしなくなってしまった。
DSC02065.jpg


金曜日までは重い呼吸をしながら
苦しそうに動いていたけれども、
土曜日からはほとんど動かなくなってしまった。

いよかん・ブロッコリー・ごはん
茶巾くんの寝床の前に置いているけれども
今の所、食べてはくれない。

もう・・・落ち着いてもいいんだよ?

こんな言葉や後ろ向きな言葉ばかりヨギってしまう。







押してくれるとウレシイ→

コチラも押せたら・・・→






2007/02/20//Tue * 01:23
風水でもナンでも・・・

衰弱を辿る一方の茶巾くん。
赤
ケージを掃除した時に寝床を赤い布にしました。

赤って元気が出る色、と言うじゃないですか。
火事場のクソ力でも、何でもいいから茶巾くんが
少しでも元気になるように・・・と思って。

私はもう何もできないので・・・。

風水とかソウイウもんより、私は赤が大好きなんです。
茶巾くんは、茶色だけど
ウチに一緒に来た赤福は赤目だったし
赤い色には知らない内に縁があったんだよ。
DSC02023.jpg
具合が悪かろうが、私が声を掛けると顔を出してくれます。

可愛い奴め。
涙が出てくるよ。







押してくれるとウレシイ→

コチラも押せたら・・・→




2007/02/16//Fri * 06:59
逆らわなくてもいいから・・・

ココ2~3日で茶巾くんの容態が激変してしまった。

ご飯も食べれなくなり、苦しそうな息づかい・・・
今朝にいたっては、口からヒューヒューと漏れた音が聞こえていた。
ラット6匹と暮らした事があり、彼らの最期を5匹まで看取ってしまうと
悲しいかな、彼らの最期が段々とわかってしまうコトがある。
ヒューヒューと漏れた音を聞いたのは、上手の時も同じだった。
確か、上手の最期の時に聞いたんだった・・・。

とりあえず、消炎剤が入っている抗生物質をまだ持っているので
スタミノンと混ぜて茶巾に食べてもらったけれども
まだまだ安心はできそうにない。

ちょっと前までは全然まだまだ元気だったのに
ラットの体調の悪さはいきなりやってくる。
こういう時、冗談じゃなく
ドラえもんのお医者さんカバンが欲しいと思う。
DSC00350.jpg
運命に逆らわなくてもいいから、頑張ってね。







押してくれるとウレシイ→

コチラも押せたら・・・→


[トーーップ] ツギ >>
copyright (C) 2006 くつした猫魂! all rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。